ホーム >

ニュース〉

2024年中国食器産業発展展望:2022年中国食器市場規模は2567.1億元に達した

2024年中国食器産業発展展望:2022年中国食器市場規模は2567.1億元に達した

発表時期: 2024-07-10 | 読書回数: 225

2024年7月10日に、YH Research株式会社が発行した「グローバル食器のトップ会社の市場シェアおよびランキング 2024」によると、本レポートでは、食器市場の定義、分類、用途、産業チェーン構造に関する情報を提供するとともに、開発方針と計画、製造プロセスやコスト構造についても考察し、食器市場の現在の開発状況や今後の市場動向について分析します。また、食器市場を主要生産地域、主要消費地域、主要メーカーにおける生産と消費の観点から分析します。

中国の食器産業は近年、力強い成長の勢いを見せ続けており、市場規模も上昇を続けている。 YH Researchのデータによると、2022年の中国食器市場規模は2567.1億元に達し、前年比3.15%増加した。 世界的に見ると、食器市場規模も着実に成長しており、2015年の1365.8億ドルから2022年には1887億ドルに達し、年平均成長率は約4.73%である。 今後、人々の生活水準が向上し、消費者の意識が変化するにつれて、食器産業は成長を続けると予想される。

中国の食器市場では競争が非常に激しく、大手ブランドは競争力の向上に力を入れている。 ブランドのネーミング、価格戦略、アフターサービスなどの競争が特に顕著である。 優れたブランドは高品質の製品を持つだけでなく、アフターサービスや価格でも大きな優位性を持つ必要がある。

オンライン販売チャネルの台頭により、食器ブランドの電子商取引プラットフォームと公式ウェブサイトは、消費者が食器を購入する重要なチャネルとなっている。 オンラインとオフラインの販売方式は徐々に食器市場の発展傾向になりつつある。 同時に、個人化・カスタマイズニーズはますます食器市場の大きな特徴になってきており、消費者は自分の好みやニーズに応じて食器をカスタマイズし、個人化ニーズを満たすことができる。 さらに、インテリジェント識別、健康モニタリングなどの機能を持つ食器などのインテリジェント食器も市場の新たな製品になり、消費者により便利でインテリジェントな食卓体験を提供する。

中国食器産業セグメントの詳細分析
ステンレス食器は、環境保護、耐久性、お手入れのしやすさから、消費者の第一選択肢となっている。 ここ数年、ステンレス食器市場は安定した成長を見せており、市場規模は年々拡大している。

世界のステンレス製カトラリー・台所用品市場は、2022年に約313億1,000万米ドルの規模を記録し、2029年には年平均成長率(CAGR)3.7%で404億7,000万米ドルに達すると予想されている。 中国は世界最大のステンレス鋼カトラリー市場として、50%以上の市場シェアを占めている。 ステンレス刃物産業の産業チェーンは、原材料調達、生産・加工、販売チャネル、アフターサービスをカバーしている。 個性的でカスタマイズされたキッチン用品に対する消費者の需要の増加に伴い、ステンレス鋼製カトラリー市場は、技術革新とカスタマイズされたサービスにさらに焦点を当てるだろう。

セラミック食器
陶磁器食器は中国で長い歴史があり、その形状は多様で、カラフルで、涼しく、滑らかな手触りで、国民に愛されている。 近年、人々の生活水準が向上し、美的概念が変化するにつれて、陶磁器食器市場も多様化、個性化の傾向を示している。

また、YH Market Researchによると、世界の陶磁器食器市場の売上高は2023年に2578億元に達し、2030年には3062億元に達する見込みで、年平均成長率(CAGR)は2.6%である。 陶磁器食器の主な生産地は広東省、福建省、江西省などで、これらの地域の企業は市場競争で重要な役割を果たしている。 一帯一路」イニシアティブの推進に伴い、国際市場における中国の陶磁器食器の知名度と認知度が高まっている。 陶磁器食器業界は、製品の品質と性能を向上させるため、新技術や新プロセスの導入を続けている。 同時に、環境保護と持続可能な発展も陶磁器食器産業の重要な発展方向となっている。

環境に優しい食器
世界最大のプラスチック消費国である中国は、毎年大量のプラスチック製使い捨て製品を消費しており、そのほとんどがリサイクル・廃棄できず、自然環境に深刻な害を与えている。 このため、国家は「プラスチック汚染制御の更なる強化に関する意見」を発表し、段階的な使用禁止・制限を実現するための要件を明確に打ち出した。 環境保護政策の推進と人々の環境意識の向上により、環境配慮型食器の市場需要は伸び続けている。 2025年までに、中国における生分解性使い捨て製品の生産能力は、需要を満たすために大幅に増加する必要があると予想されている。 したがって、環境食器市場は幅広い発展の展望を切り開くだろう。

環境食器市場は、国家政策の推進と消費者の環境意識の高まりの下で、かつてない発展のチャンスを迎えている。 プラスチック汚染対策の一層の強化に関する意見」の全面的な実施により、従来のプラスチック食器の使用が制限され、環境にやさしい食器に広い市場空間を提供している。

現在、環境食器市場には主に生分解性食器、紙製食器、竹製食器、木製食器などがある。 その中で、生分解性食器は環境に優しく、再生可能で、分解可能という特徴から、市場の主流製品となっている。 技術の絶え間ない進歩とコスト削減により、生分解性食器の性能と価格は徐々に伝統的なプラスチック食器に近づき、より多くの消費者に支持されている。

環境食器市場の産業チェーンは、原料供給、生産と加工、販売ルート、リサイクル処理などである。 原材料の供給では、生分解性材料、紙、竹、木材が主な原材料となっている。生産・加工工程では、企業は先進的な生産技術と技術を習得し、製品の品質と性能を確保する必要がある。販売ルートでは、オンラインとオフラインの一体化販売モデルが主流となり、電子商取引プラットフォーム、実店舗、飲食企業などのルートが一体となって、環境配慮型食器の販売を促進している。 企業は完璧なリサイクルシステムを構築し、製品が分解可能で環境に優しいことを確保する必要がある。

今後、環境食器市場は引き続き急成長傾向を維持する。 一方では、国家政策の推進と消費者の環境保護意識の高まりが市場に持続的な原動力を与え、他方では、技術の絶え間ない進歩とコストの削減が環境保護食器の性能と価格をさらに向上させ、より多くの消費者のニーズに応えることを促進する。 同時に、「カーボンニュートラル」と「グリーン経済」という概念が人々の心に根付き、環境食器市場はより多くの発展のチャンスと挑戦を迎えるだろう。

中国の食器産業は全体的に成長すると同時に、各サブセクターもそれぞれ異なる発展の特徴と傾向を示している。 耐久性に優れ、お手入れが簡単なステンレス食器は市場の主流を占め、多様な形と色で消費者に愛されている陶磁器食器は、国策の推進と消費者の環境保護意識の高まりにより、環境保護食器は幅広い発展の展望を切り開いている。 投資家と企業は、市場全体の発展を重視する一方、各業界の発展特徴と動向を把握し、より正確な市場戦略と事業レイアウトを立てる必要がある。

レポートの詳細内容・無料サンプルお申込み
https://www.yhresearch.co.jp/reports/492396/tableware

 

レポートのメリット

(1)世界の食器市場規模:2019年から2024年までの過去データと2025年から2030年までの予測データを含む、世界の食器市場規模に関する包括的な情報が提供します。企業や投資家は市場の発展動向と規模を理解し、今後の意思決定において重要な参考資料となります。

(2)世界の食器企業別の情報:2019年から2024年までの世界の食器企業の売上、価格、市場シェア、企業ランキングなどの情報を提供し、企業が世界市場における競争力を理解し、市場戦略を検討するのに役立つデータサポートを提供します。

(3)中国の食器企業別の情報:2019年から2024年までの中国の食器企業の売上、価格、市場シェア、企業ランキングを分析し、企業が中国市場における競争力を理解し、市場戦略を策定する基礎を築くのに役立ちます。

(4)世界の食器主要消費地域:世界の食器主要消費地域の消費、収入と需要構造を分析することによって、市場の需要分布を理解し、製品のポジショニングと市場拡大のための指針を提供します。

(5)世界の食器主要生産地域:世界の食器主要生産地域の生産能力、生産量、前年比成長率を把握することで、企業は世界の生産能力分布を理解し、生産計画とサプライチェーン管理の指標を提供することができます。

(6)食器産業チェーン:川上産業、川中産業、川下産業の分析を通じて、各産業のポジショニングを把握することができます。

 

レポートには以下の内容が含まれている。

第1章:食器製品範囲、グローバルの販売量、売上、平均価格および中国の販売量、売上、平均価格、発展機会、課題、動向、政策について説明します。

第2章:グローバル食器の主要会社の市場シェアとランキング、販売量、売上、平均価格(2019~2024)

第3章:中国食器の主要会社の市場シェアとランキング、販売量、売上、平均価格(2019~2024)

第4章:食器の世界の主要生産地域、パーセントとCAGR(2019~2030)

第5章:食器産業チェーン、川上産業、川中産業、川下産業

第6章:製品別の販売量、平均価格、売上、パーセントとCAGR(2019~2030)

第7章:アプリケーション別の販売量、平均価格、売上、パーセントとCAGR(2019~2030)

第8章:地域別セグメントの販売量、平均価格、売上、パーセントとCAGR(2019~2030)

第9章:国別の販売量、平均価格、売上、パーセントとCAGR(2019~2030)

第10章:会社概要、製品仕様、アプリケーション、最近の発展状況、販売量、平均価格、売上、粗利益率などについて、市場における主要企業の基本状況を詳しく紹介します。

第11章:結論

 

YH Research(YHリサーチ)は、主に市場調査レポート、業界調査レポート、カスタムレポート、IPOコンサルティングサービス、ビジネスプランなどを提供し、企業のグローバルビジネスや新分野開拓に役立つデータ・情報を提供しています。今まで世界100か国以上にわたって、6万社以上の企業に産業情報サービスを提供してきました。

 

企業に市場調査レポートを提供するYH Research株式会社
https://www.yhresearch.co.jp

世界5カ国に拠点を置き、企業のグローバルビジネスや新分野開拓に役立つ市場調査レポートを提供します。


本件に関するお問い合わせ先
YH Research株式会社
住所:東京都中央区勝どき五丁目12番4-1203号
TEL:050-5840-2692(日本);0081-5058402692(グローバル)
マーケティング担当:info@yhresearch.com

 


banquan

本サイトに掲載された記事について、著作権に関する問題がある場合は、info@yhresearch.com までご連絡ください。迅速に対応いたします。