ホーム >

ニュース〉

プラスチックボトルキャップ市場レポート:市場規模は2030年までに1369億元近くになる見込み

プラスチックボトルキャップ市場レポート:市場規模は2030年までに1369億元近くになる見込み

発表時期: 2024-07-10 | 読書回数: 435

2024年7月10日に、YH Research株式会社が発行した「グローバルプラスチックボトルキャップのトップ会社の市場シェアおよびランキング 2024」によると、本レポートでは、プラスチックボトルキャップ市場の定義、分類、用途、産業チェーン構造に関する情報を提供するとともに、開発方針と計画、製造プロセスやコスト構造についても考察し、プラスチックボトルキャップ市場の現在の開発状況や今後の市場動向について分析します。また、プラスチックボトルキャップ市場を主要生産地域、主要消費地域、主要メーカーにおける生産と消費の観点から分析します。

 
一、市場規模と成長動向

YH Researchの最新調査統計によると、2023年の世界のプラスチックボトルキャップ市場規模は約1018.9億元に達し、プラスチックボトルキャップは包装業界の不可欠な部品として、市場で確固たる地位を占め、成長を続けていることが分かる。 同市場は今後6年間も安定した成長傾向を維持し、2030年には市場規模が1兆3690億元に迫り、年平均成長率(CAGR)は4.3%と予測されている。 この成長の原動力は主に、消費者が包装の利便性、安全性、環境への優しさを追求し続けていることと、食品、飲料、医薬品などの川下産業が継続的に発展していることに由来する。

二、市場パターンと主要メーカー

世界のペットボトルキャップ市場は、Bericap、Berry Global、Aptar Group、Silgan、Closure Systems International、THCなどを主要プレーヤーとする高度に集中した競争環境を呈している。これらの企業は、その技術力、ブランド影響力、市場シェアの優位性により、業界で主導的地位を占めている。 主導的地位を占めている。 上位3社の合計市場シェアは約15%で、市場における大きなヘッドライン効果を示している。 また、ALPLA、金富科技、Mold Rite Plastics、Oriental Containers、Purple River Enterprises、Blackhawk Molding、Nakatomi、Mocapも世界的に一定の影響力を持っており、共同で業界の多様な発展を促進している。

三、地域市場分布

地域市場から見ると、アジア太平洋地域は世界のペットボトルキャップ市場の最大消費地で、市場シェアの約57%を占めている。これは主に中国、インド、日本、東南アジアなどの国や地域が経済の急速な発展と人口基盤が大きいためである。 続いて、米国と欧州市場がそれぞれ市場シェアの一定の割合を占めている。 世界経済のさらなる統合と新興市場の台頭により、これらの地域のペットボトルキャップ市場は今後数年間も安定した成長を維持すると予想される。

四、製品区分と応用分野

製品別では、PPキャップ&クロージャーが優れた物理的特性と費用対効果で最大の市場セグメントとなり、市場の約51%を占めている。 PEボトルキャップと他の材料で作られたキャップもそれぞれの応用分野と市場空間を持っている。 用途別では、飲料・乳製品産業がプラスチックボトルキャップの最大の需要者であり、市場シェアの約54%を占めている。これは主に、世界的な飲料市場の拡大と消費者の健康と鮮度に対する要求の高まりによるものである。 そのほか、製薬業界、パーソナルケア製品などの分野もペットボトルキャップの需要が安定している。

五、業界の革新と今後の動向

科学技術の進歩と消費者需要の多様化により、ペットボトルキャップ業界は知能化、環境保護、個性化の方向に絶えず発展している。 インテリジェントボトルキャップは、センシング技術とスマートチップの導入により、包装内容のリアルタイム監視を実現し、製品の安全性とトレーサビリティを向上させる。 環境保護の面では、リサイクルしやすい設計と生分解技術の促進が、プラスチック廃棄物が環境に与える影響の軽減に役立っている。 パーソナライゼーションの面では、3Dプリンティングやカスタムデザイン技術がボトルキャップをより創造的で魅力的なものにし、さまざまなブランドや消費者のニーズに応えている。

一方、抗菌・防カビ技術、ガス調整技術、ガス吸収技術などの新技術の応用は、ペットボトルキャップの性能と付加価値をさらに高めている。 一方、ブロックチェーン技術の導入は、包装とサプライチェーンの透明性とトレーサビリティを強力にサポートし、製品の安全性と市場の信頼を高めている。

六、業界の課題と対応戦略

世界のペットボトルキャップ市場は、その有望な将来性にもかかわらず、多くの課題に直面している。 環境意識の高まりと持続可能性への圧力が、業界をより環境に優しい方向へと駆り立てている。 生分解性プラスチックや紙製ボトルキャップのような新素材の出現など、代替素材との競争の激化は、従来のプラスチックボトルキャップ市場に課題を突きつけている。 加えて、規制や政策による圧力も、市場の変化に適応するため、企業に製品構成や生産工程の継続的な調整を求めている。

このような挑戦に対処するため、ペットボトルキャップ業界は研究開発への投資を増やし、技術革新と産業のアップグレードを推進し、国際協力と交流を強化し、地球環境問題に共同で対処する必要がある。同時に、市場のダイナミクスと消費者需要の変化に積極的に注目し、製品戦略と市場レイアウトを柔軟に調整する必要がある。

まとめると、世界のペットボトルキャップ業界は安定した成長を維持すると同時に、多くの課題とチャンスに直面している。 継続的な技術革新、環境投資、市場拡大を通じて、業界は今後より持続可能で質の高い発展を遂げることが期待される。

レポートの詳細内容・無料サンプルお申込み
https://www.yhresearch.co.jp/customized-reports

 

レポートのメリット

(1)世界のプラスチックボトルキャップ市場規模:2019年から2024年までの過去データと2025年から2030年までの予測データを含む、世界のプラスチックボトルキャップ市場規模に関する包括的な情報が提供します。企業や投資家は市場の発展動向と規模を理解し、今後の意思決定において重要な参考資料となります。

(2)世界のプラスチックボトルキャップ企業別の情報:2019年から2024年までの世界のプラスチックボトルキャップ企業の売上、価格、市場シェア、企業ランキングなどの情報を提供し、企業が世界市場における競争力を理解し、市場戦略を検討するのに役立つデータサポートを提供します。

(3)中国のプラスチックボトルキャップ企業別の情報:2019年から2024年までの中国のプラスチックボトルキャップ企業の売上、価格、市場シェア、企業ランキングを分析し、企業が中国市場における競争力を理解し、市場戦略を策定する基礎を築くのに役立ちます。

(4)世界のプラスチックボトルキャップ主要消費地域:世界のプラスチックボトルキャップ主要消費地域の消費、収入と需要構造を分析することによって、市場の需要分布を理解し、製品のポジショニングと市場拡大のための指針を提供します。

(5)世界のプラスチックボトルキャップ主要生産地域:世界のプラスチックボトルキャップ主要生産地域の生産能力、生産量、前年比成長率を把握することで、企業は世界の生産能力分布を理解し、生産計画とサプライチェーン管理の指標を提供することができます。

(6)プラスチックボトルキャップ産業チェーン:川上産業、川中産業、川下産業の分析を通じて、各産業のポジショニングを把握することができます。

 

レポートには以下の内容が含まれている。

第1章:プラスチックボトルキャップ製品範囲、グローバルの販売量、売上、平均価格および中国の販売量、売上、平均価格、発展機会、課題、動向、政策について説明します。

第2章:グローバルプラスチックボトルキャップの主要会社の市場シェアとランキング、販売量、売上、平均価格(2019~2024)

第3章:中国プラスチックボトルキャップの主要会社の市場シェアとランキング、販売量、売上、平均価格(2019~2024)

第4章:プラスチックボトルキャップの世界の主要生産地域、パーセントとCAGR(2019~2030)

第5章:プラスチックボトルキャップ産業チェーン、川上産業、川中産業、川下産業

第6章:製品別の販売量、平均価格、売上、パーセントとCAGR(2019~2030)

第7章:アプリケーション別の販売量、平均価格、売上、パーセントとCAGR(2019~2030)

第8章:地域別セグメントの販売量、平均価格、売上、パーセントとCAGR(2019~2030)

第9章:国別の販売量、平均価格、売上、パーセントとCAGR(2019~2030)

第10章:会社概要、製品仕様、アプリケーション、最近の発展状況、販売量、平均価格、売上、粗利益率などについて、市場における主要企業の基本状況を詳しく紹介します。

第11章:結論

 

YH Research(YHリサーチ)は、主に市場調査レポート、業界調査レポート、カスタムレポート、IPOコンサルティングサービス、ビジネスプランなどを提供し、企業のグローバルビジネスや新分野開拓に役立つデータ・情報を提供しています。今まで世界100か国以上にわたって、6万社以上の企業に産業情報サービスを提供してきました。

 

企業に市場調査レポートを提供するYH Research株式会社
https://www.yhresearch.co.jp

世界5カ国に拠点を置き、企業のグローバルビジネスや新分野開拓に役立つ市場調査レポートを提供します。


本件に関するお問い合わせ先
YH Research株式会社
住所:東京都中央区勝どき五丁目12番4-1203号
TEL:050-5840-2692(日本);0081-5058402692(グローバル)
マーケティング担当:info@yhresearch.com

 


banquan

本サイトに掲載された記事について、著作権に関する問題がある場合は、info@yhresearch.com までご連絡ください。迅速に対応いたします。