ホーム >

ニュース〉

緩効性有機肥料の市場調査レポート:2023年緩効性有機肥料の世界市場規模は約53億元

緩効性有機肥料の市場調査レポート:2023年緩効性有機肥料の世界市場規模は約53億元

発表時期: 2024-05-17 | 読書回数: 604

2024年5月17日に、YH Research株式会社が発行した「グローバル緩効性有機肥料のトップ会社の市場シェアおよびランキング 2024」によると、本レポートでは、緩効性有機肥料市場の定義、分類、用途、産業チェーン構造に関する情報を提供するとともに、開発方針と計画、製造プロセスやコスト構造についても考察し、緩効性有機肥料市場の現在の開発状況や今後の市場動向について分析します。また、緩効性有機肥料市場を主要生産地域、主要消費地域、主要メーカーにおける生産と消費の観点から分析します。

世界の農業の継続的な発展を背景に、重要な農業投入物としての緩効性有機肥料は、その独自の価値と市場の可能性を徐々に示し始めている。 YH Researchによると、緩効性有機肥料の世界市場は2023年に約53億元に達し、今後数年間は年平均成長率(CAGR)5.2%で成長を続け、市場規模は2030年までに78億元に近づくと予想されている。 この成長傾向は、農業における効率的で環境に優しい肥料の需要増加を反映しているだけでなく、緩効性有機肥料市場の幅広い展望を示唆している。

1、市場の背景と現状

緩効性有機肥料は、養分の放出が遅い、肥効が長持ちする、養分の損失が少ないなどの独特の利点があるため、ますます多くの農家に支持されている。 世界では、農業に従事する人口は約8億6600万人で、全労働力の4分の1以上を占めており、このような大規模な労働力の肥料需要は増加の一途をたどっており、緩効性有機肥料市場の発展は広い空間を提供しています。 同時に、農業科学技術の進歩と環境意識の向上により、農民は徐々に肥料を伝統的な化学肥料から、より環境にやさしい、効率的な緩効性有機肥料を選択する。

2、地域市場と需要の違い

世界的に見ると、北米地域が世界最大の肥料使用国であり、世界の肥料市場規模の32%を占めている。 これは主に、北米の高度な農業技術と、効率的で環境にやさしい肥料への需要によるものである。 ヨーロッパでは、微量肥料の使用割合が多くの国で45~60%、アメリカでは60~70%にも達しており、先進国が精密農業と肥料管理を重視していることを示している。 対照的に、発展途上国では肥料の使用量にまだ改善の余地があるが、農業の近代化が進むにつれて、これらの地域における緩効性有機肥料の市場潜在力も徐々に解放されていくだろう。

3、世界の肥料消費と業界動向

2022年FAO統計年鑑によると、世界の肥料消費量は2億トンに近く、この巨大な市場規模は緩効性有機肥料の発展に広い市場空間を提供する。 同時に、農業科学技術の進歩と環境保護意識の向上により、世界の肥料産業は高効率、環境保護、精密の方向に発展している。 緩効性有機肥料はこのような流れに沿った新しいタイプの肥料であり、その市場潜在力は無視できない。

4、中国の肥料製造業の現状

世界最大の農業生産国の一つとして、中国の肥料製造業も急速に発展している。 国家統計局によると、2021年の中国の肥料製造業の総生産額は6,185億億元で、前年比成長率は5.05%である。 しかし、2014年から2021年までの間に、中国の肥料製造業の販売収入は9,082億元から5,871億元に減少しており、業界の構造調整と転換・高度化が進んでいることを示している。 この過程で、緩効性有機肥料は環境にやさしい新しい肥料製品として、中国の肥料製造業の新たな成長点になることが期待されている。

5、将来の展望と考察

世界的な農業近代化の進展と環境意識の向上により、緩効性有機肥料市場はより広い発展の空間を切り開くだろう。 将来、緩効性有機肥料業界はより多くのチャンスと挑戦に直面する。 一方では、科学技術の絶え間ない進歩と革新に伴い、緩効性有機肥料の研究開発と生産技術は絶えずアップグレードされ、最適化されます。他方では、市場競争の激化と消費者の需要の多様化に伴い、緩効性有機肥料企業は絶えず製品の品質とサービスレベルを向上させ、市場の絶え間ない変化に対応する必要があります。 同時に、政府と企業も協力と交流を強化し、共同で緩効性有機肥料産業の健全な発展を促進する必要がある。

結論として、緩効性有機肥料は、環境に優しい新しい肥料製品として、幅広い市場の展望と発展の可能性を持っている。 世界農業の持続可能な発展の中で、緩効性有機肥料産業はより広い発展空間を切り開くだろう。

レポートの詳細内容・無料サンプルお申込み
https://www.yhresearch.co.jp/reports/702047/slow-release-organic-fertilizers

 

レポートのメリット

(1)世界の緩効性有機肥料市場規模:2019年から2024年までの過去データと2025年から2030年までの予測データを含む、世界の緩効性有機肥料市場規模に関する包括的な情報が提供します。企業や投資家は市場の発展動向と規模を理解し、今後の意思決定において重要な参考資料となります。

(2)世界の緩効性有機肥料企業別の情報:2019年から2024年までの世界の緩効性有機肥料企業の売上、価格、市場シェア、企業ランキングなどの情報を提供し、企業が世界市場における競争力を理解し、市場戦略を検討するのに役立つデータサポートを提供します。

(3)中国の緩効性有機肥料企業別の情報:2019年から2024年までの中国の緩効性有機肥料企業の売上、価格、市場シェア、企業ランキングを分析し、企業が中国市場における競争力を理解し、市場戦略を策定する基礎を築くのに役立ちます。

(4)世界の緩効性有機肥料主要消費地域:世界の緩効性有機肥料主要消費地域の消費、収入と需要構造を分析することによって、市場の需要分布を理解し、製品のポジショニングと市場拡大のための指針を提供します。

(5)世界の緩効性有機肥料主要生産地域:世界の緩効性有機肥料主要生産地域の生産能力、生産量、前年比成長率を把握することで、企業は世界の生産能力分布を理解し、生産計画とサプライチェーン管理の指標を提供することができます。

(6)緩効性有機肥料産業チェーン:川上産業、川中産業、川下産業の分析を通じて、各産業のポジショニングを把握することができます。

 

レポートには以下の内容が含まれている。

第1章:緩効性有機肥料製品範囲、グローバルの販売量、売上、平均価格および中国の販売量、売上、平均価格、発展機会、課題、動向、政策について説明します。

第2章:グローバル緩効性有機肥料の主要会社の市場シェアとランキング、販売量、売上、平均価格(2019~2024)

第3章:中国緩効性有機肥料の主要会社の市場シェアとランキング、販売量、売上、平均価格(2019~2024)

第4章:緩効性有機肥料の世界の主要生産地域、パーセントとCAGR(2019~2030)

第5章:緩効性有機肥料産業チェーン、川上産業、川中産業、川下産業

第6章:製品別の販売量、平均価格、売上、パーセントとCAGR(2019~2030)

第7章:アプリケーション別の販売量、平均価格、売上、パーセントとCAGR(2019~2030)

第8章:地域別セグメントの販売量、平均価格、売上、パーセントとCAGR(2019~2030)

第9章:国別の販売量、平均価格、売上、パーセントとCAGR(2019~2030)

第10章:会社概要、製品仕様、アプリケーション、最近の発展状況、販売量、平均価格、売上、粗利益率などについて、市場における主要企業の基本状況を詳しく紹介します。

第11章:結論

 

YH Research(YHリサーチ)は、主に市場調査レポート、業界調査レポート、カスタムレポート、IPOコンサルティングサービス、ビジネスプランなどを提供し、企業のグローバルビジネスや新分野開拓に役立つデータ・情報を提供しています。今まで世界100か国以上にわたって、6万社以上の企業に産業情報サービスを提供してきました。

 

企業に市場調査レポートを提供するYH Research株式会社
https://www.yhresearch.co.jp

世界5カ国に拠点を置き、企業のグローバルビジネスや新分野開拓に役立つ市場調査レポートを提供します。


本件に関するお問い合わせ先
YH Research株式会社
住所:東京都中央区勝どき五丁目12番4-1203号
TEL:050-5840-2692(日本);0081-5058402692(グローバル)
マーケティング担当:info@yhresearch.com

 


banquan

本サイトに掲載された記事について、著作権に関する問題がある場合は、info@yhresearch.com までご連絡ください。迅速に対応いたします。